第74回「いのちの科学」例会(終了)

(原則として非公開:連絡を頂ければオブザーバで参加できます)

日 時:2022年7月24日(日)14:00〜

場 所:生産開発科学研究所 3階会議室

14:00〜15:00  委員会
15:00〜17過ぎ  話題提供

話題提供者:武藤倫弘 京都府立医科大学教授

演題:日本人に多い大腸がんは9割減らせる(らしい) 

要旨:

我が国の死因の第一位はがんであるが、その中でも大腸がんの罹患数は一番多い。しかし、大腸内視鏡とがん化学予防薬との組み合わせで、かなりのところまで大腸がんを予防できる、というエビデンスが蓄積してきている。本会では、これまで私の行ってきた研究を中心に、化学予防の基本的なところから、困難を乗り越えてやっとここまで来たのか、という話を紹介し、忌憚のない意見をいただくつもりである。「大腸がんが9割減らせるならばもう実用化されているはずだ」という疑問を持たれた先生方には是非参加していただきたい。

出席予定者:武藤倫弘、小西淳二、山岸秀夫、小野公二、奈倉道隆、小川 侃、本庄 巌、中井吉英、宮越順二、内海博司、小林宣之

「いのちの科学」活動(実施記録)に戻る